「数列占い」とは何でしょう?

 
「数列占い」とは、
あなたが生まれもっている数字と
向き合い、
自分を知り、
いかにプラスに生きるか
という占いです。
 
あなたがもっている
1から9までの数字は、
 
あなたの人生の
あらゆる場面に登場し
あなたとあなたの周囲の人々に
影響を与えます。
 
あなたの身長、体重、足のサイズ、
そして指輪のサイズも。
 
そう、全て数字なんですね。
 
1から9までの数字のうち、
自分にとってどの数字がプラスとなり、
どの数字がマイナスとなるか…
 
数列占いでは、
あなたが人生を生きている間に
関わってくるすべての数字を
分析して説明することができます。
 
いずれはあなたが
自分自身についてこの数字によって
分析ができるようになります。
 
すると、あなた自身の将来が
数字で見通せるようになります。
 
数字を自分の手の内に入れて、
マスターして、
自分の人生を先取りしてみませんか?
 
奥久津まるも

プロフィール

 

17才から活動を始めました。
学生時代は縁結びを手がけ、
多くのカップルを誕生させました。
 
1974年から1975年にかけ、
ラジオたんぱにおいて
占い師のディスクジョッキーを開始し
好評を得ました。
 
その後、
海外生活(ニューヨーク・シンガポー ル)10年間で
占い師・フォーチュンテラーとしての仕事を確立し
現在に至ります。
 
著書には、
 
数列占い
タレントデビュー
奥久津まるものお受験必勝法
新版数列占い
数列占い実践編
(以上ごま書房)
 
風水数列占い
(日本文芸社)
 
数列相性占い
(小学館文庫)
 
などがあります。
 
著名人のクライアントとしては
メジャーリーガーのイチロー・弓子夫妻をはじめとして、
モーニング娘。さんや
女子アナさんを鑑定しています。

占いの実績

日本人でありながら、
トルキスタン、ヨーロッパ、
そして、アジアのジプシーの
過去の人たちの200年以上の
精神的伝統を継承しています。
 
特に東ヨーロッパ、トランシルバニア地方の
精神の流れを汲んでいます。
 
私が小さな頃から、
「探し物をするなら『まるも』に聞け」と、
祖父、祖母がよく言っていました。
 
いろいろなことが見えるようになったのは、
私が17歳の時、
登山中に山から落ちたショックがきっかけです。
 
それからはおそらく2万人以上の方の
占い鑑定を行ってきました。
 
実際に占いを始めたのは、
東京巣鴨のトゲ抜き地蔵があるお寺(高岩寺)で
毎月4日、14日、24日の月3回、
1年半にわたって鑑定していました。
 
当時は赤い傘、
これは京都でお茶会の時に使う傘なんですけど、
 
この下に月3回座って鑑定していました。
 
ある日、
行列の人数が突然ふくれあがって、
100人を超えたてしまいました。
 
その時で高岩寺での鑑定はやめました。
 
それからは、
ラジオに出たり、
テレビに出たり、
人の流れが人を呼び、
一時は
「日本一予約が取れない占い師」
と言われたこともあります。
 
今はそんなことないんですけどね。
 
また海外での鑑定も行っており、
アメリカ、ヨーロッパでの鑑定も行いました。
 
東南アジアでは
シンガポ-ル、香港、そしてハワイ、
これらの地域は
年に一回訪れて占いをしています。
 
普段は個人鑑定がメインで、
ときおり講演会も行っています。

2019年の運勢

平成31年、己亥(つちのとい)、亥の年、八白土星。
 

基本は神頼みの一年

新旧相対立と変化、5月に古いものから新しいものへ。
本年5月から新しい元号へ変わります。
天と地は交わらず、天は天、地は地。
こんな流れの中で、さぁ今年の1月から何が大事か、それは神頼みです。
 
本当の中身、これが一番大事であること、そして真の強さ、まがいものものではなく確実に努力をした方たちのみが上昇するという、結構きつい年でもあります。
 
地道であった方、そしてきちんとステップを踏んでいらっしゃる方、資格があって、ちゃんと努力をした方には、背中に肩書きだったり、そういうものがはっきりと表に出ます。
 

経済

経済的には上がるものと下がるものがございます。
大きいこと、これは無理をしてでもやるとすべて凶に変わり、
そして確実なもの、小さいこと、これはすべて吉です。
まず共通項、何が大事かというものを求めて発展させていくのが確実な人生になるかと思います。
 

政治

天と地は交わらず、これは政治的には保守前提ですね。
それから色々な意味で平穏ではないものが勃発、火の星も入っていて、海が大きく揺れる星も入っています。
協調性を大事に互いのマイナスをプラスにすること。
 

農林水産

農林水産的なもの、これはアクシデントが起こるという星も入っています。
どういうアクシデントとかといいますと、海から来るもの、そして天と地の火のもの、こんなものがいろいろ各地に点在するという星がございます。
もう待つのみです。
新しいものができ、新しい形になるまでは形を変えずにじっと待つと元に戻ります。
 

まるもからメッセージ

神様お願い、神頼みの星という2019年です。
自分の体だけ助かること、家にはちゃんと3日分の食料を置いておくこと、それも玄関の方に。そしてお休みのときの枕元にはスリッパを置いておきましょう。
こういった形で自分の身や家族を守るという基本があり、いざとなったら神頼みという2019年でございます。
あまり良い話がないのでね、ちょっと殺伐とした心になるかもしれません。
一番大事な身内だけは団結しておくこと。
常に情報をあちこちからもらっておくこと。
そして行動は緩やかに、確実に。
こんな一年でお過ごしくださいますように。